FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DSソフト後日談

かわいそうなことに、塾の夏休みが終わったあとの成績がガタ落ち。夏休み期間中思う存分ゲームに明け暮れていたせいか、緊張の糸が緩んで、復習テスト対策も何もしないで登塾するからである。
平均点以下のテストが数回続いたあとにとうとうソフトを母に返さなくてはならなくなり、涙の結末になったのだった。
私は捨てると言って取り上げたものの、心情的にはそこまでふっきれているわけではなく、手の届かないところに保管してある。
2学期がはじまり、学校のクラスメイトで同じ塾に通うしっかり者の優秀な友達に「お前どこの中学に行きたいねん」と尋ねられ、中学の名前を挙げたら「やっぱりお前もか」と言われたらしくまた奮起。また、一緒に下校する4人の仲間たち(彼らのうち3人は塾に通っていなくて比較的自由な毎日を過ごしている)に「上のクラスに上がれたらソフトを返してもらえるかもしれん」と漏らすと、がんばれー、とすごく応援してもらった(なんて良い友達なんだ!)とかで、また不平を言わずにこつこつ勉強するようになってくれた。
まあ、夏休み後半からこんこんと、「やる気がある」ということと「実際にやる」ということの違いについて話をし、「実際にやる」ためには「まず行動を始める」ことが不可欠だということを理解してもらうべく、何度も真剣な話をしていたのだったが、わかってくれたかな。
それは、私の若い時の失敗に基づく経験談でもあったのだけれど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。